県立入試の直前にぐんぐん成績を上げる方法三滝中学3年Kさん

この人は、ここ1ヶ月でぐんぐん成績を上げてきました

IMG_2125
作文の問題では途中で「だから」とか「また」
とかの使い方がごちゃごちゃしてしまって文が
変になってしまうことがある

国語は文で書き抜いたりするのがあまりできないです。
点数が高いので読み取って書けるようにしたいです。

作文の問題では途中で、「だから」とか「また」とかの使い方がごちゃごちゃしてしまって
文が変になってしまうことがあるので、

全体を見ながら書かなければならないことから、
ずれていないか気をつける。

英語は作文ができないので、いろんな文が書けるようになりたいです。

分かりやすい→理解が簡単、というように文の形も考える。

数学の最後のほうによくある難しいものでは、
もうあまり時間をとらないほうがよいのかと思いました。

他の問題で点がとれるようにしたいです。

証明が今までと違って、難しかったです。

(県立入試問題は、私立入試の)マークシートみたいに、
ずれたりはしないから、焦らずに解く。

社・理はもっと点数を取れるようにする。

先生のコメント

本当に、すごいと思います。
県立入試の問題をした直後の感想です。

この人は、ここ1ヶ月でぐんぐん成績を上げてきました。

受験まで、1ヶ月前ともなれば、みんな
暗記したり、問題解いたり、計算したり、
夜遅くまで必死です。

夜遅くまで必死といえば、
Aくんなんか、毎日私に
国語の添削メールを送ってくるのですが、

彼の送信時刻を見たら、3:56!
まさに夜中です。

ですが、その中でも、この人はダントツに結果を出している。
なぜライバルをごぼう抜きできるのか、その理由がわかりました。

上のコメントを見てお気づきかと思いますが、

「国語は・・読み取って書けるようにしたい」
「作文の問題では・・ずれていないか気をつける」

「英語は作文が・・いろんな文が書けるように」

「数学の最後のほう・・他の問題で点がとれるように」
「証明・・焦らずに解く」

「社・理はもっと点数を取れるように」

このように、学習が終わって
自分の気が付いた課題を
このように「まとめ」ているんです。

直前でも結果を出せる方法、
それは、課題を明確に意識することです。

ただ、漫然と机に向かう、ですとか、
ひたすら、問題を解くというのでなく、

課題を明確にして、
何をしなければいけないか、をはっきりさせているからです。

そして、その課題を、
試験が終わった最後の3分で、書き出せる
そこまで意識しているところがすごいと思います。

当塾では、まず無料体験授業をオススメしています!

【入塾されるかどうかは、実際に無料体験授業を終えた後でご考慮のうえ、ご判断ください。】

わかる楽しさ実感しよう!無料体験授業お申し込みはこちら


あなたのご意見・ご質問・ご感想等お寄せください。

このページの先頭へ