大学入試センター試験、国語はだいじょうぶですか?

P1030209(1010)
合否は国語で決まります。
読解力はほっておいてもつきません

英語や数学、理科や社会は、やれば、やっただけ点数に結びつきます。

ところが、評論、小説、古文、漢文だけは、そうはいきません。
あなたは、いまのやりかたで、心配ではありませんか?

問題集をやって、答え合わせして、解説をよんで・・・
あれほど、たくさん時間使いましたが、
その努力は、確実にあなたのものになっていますか。

ご存知のように、センター試験は後半の配点も半端なく高いです。
問題5番、6番でちょっとミスすると、すぐ120点台に落ち込んでいきます。

へたすると全国平均点に、すぐ追い越されていきます。

恐ろしいことに、なかには国語で失敗したばかりに、
やむなく志望校を下げた人もいます。

それくらい、一発勝負のセンター試験はきびしい。

あなたは国語や英語の長文、どうするつもりですか?
公式や文法のような、確たる解き方を知っているわけでなく、
ただ問題集をやるだけで、これといった対策もしません。

いってみれば「でたとこ勝負」
みんな、運を天にまかせた状態なわけです。

一流大学に合格したいあなたは、
そんなことでは済まされないはず、
1問も落とすわけにはいかないのです。

大学入試はあなたの人生にとって、二度とない大事なチャンスです。

この方法なら、確実にあなたのお役にたてます。

国語や英語の長文はみんな無防備です。

2

この方法で、評論、小説、古文、漢文が8割だけでなく、
英語の長文もそれ以上に得点できます。

塾生たちはこう言います。

「高1の中間テスト、古典が学年で4番でした。」(三重県立四日市南高校Sさん)
「現代文が過去最高でした。」(三重県立四日市南高校Hさん)
「夏休み、国語をやったおかげで、国語が上がり、英語も理科も上がった」(鈴鹿高校Kくん)
「合格の決め手は国語。最後の一問できたから。」(明治大学法学部Mくん)
「数学で大失敗。でも国語が答えられたから合格だった。」(一橋大学Sくん)
「基礎から読解力をつけおいてよかった。」(筑波大学Tくん)
「小論文が役に立った」(三重大医学部Kくん)

国語で8割取れれば、平均より50点アップです。
これって、ずいぶん気分的に大きくありませんか。

余裕です。
センターが良ければ、
志望校を1ランクも2ランクもあげられます。

やる気、倍増です。
これからの私大受験、国立受験に向かって、
さい先のいいスタートがきれます。

あなたの答案力が8割になる。
つまり、5教科が総合してあがるってことです。

TheJuku では、あなたのテスト答案力を強化します。
あなたは、論理的で、簡単、素早く、
きれいな答に仕上げることができます。

当塾では、まず無料体験授業をオススメしています!

【入塾されるかどうかは、実際に無料体験授業を終えた後でご考慮のうえ、ご判断ください。】

わかる楽しさ実感しよう!無料体験授業お申し込みはこちら


あなたのご意見・ご質問・ご感想等お寄せください。

このページの先頭へ