愛知淑徳大は最も得意な国・英と日本史だけ南高校Tさん

今日は愛知淑徳大の国・英をした。

sIMG_0214
二次での科目は、もっとも得意とする
国・英と、何とか克服できた日本史だ
けなので高得点を狙う

漢文は今回のはいつも通りの出来だった。

二次での科目は、もっとも得意とする国・英と、
何とか克服できた日本史だけなので、

常に高得点を狙っていきたい。

先生のコメント

すごいですね、がんばってます。
もうすぐ私立大学の受験が始まるのです。

この子は、第一志望は国立なのですが、やはり対策としての私立は逃せません。

私立合格をバネに、
一気に国立大学も合格してしまいたい、そんな心境は、お母さまも私も同じです。

あまり、しゃべらない子なのですが、
もっとも得意とする国・英
といってるように、したたかな自信をのぞかせます。

国語力が英語の点数を伸ばしているのは
言うまでもないところですが、
この自信は、どこから湧いてくるのでしょうか?

もともと優秀なお子さま、と思われるかもしれませんが、
決してそんなことはありません。

分数が苦手でした。
高校生になっても、
比の計算ができませんでした。

車で30分、小学2年からこの塾に通い始めました。
四日市南高校では、高3の夏休みまで吹奏楽をやっていました。

お母さまも、高3なのに受験に間に合うのか、やきもきしていました。
ある日、お母さまから、お手紙をもらいました。

「受験が心配でたまりません、先生の方でも、厳しく言ってやってくださいな!」
そういう、内容のお手紙かと思いました。

ところが驚きました。
こんなお手紙だったのです。

「うちでは、ちっとも勉強しません。けれども、
こんどの実力テストの成績は過去最高でした。

やるときにはやる!
そんな子です。

この日から、お母さんは「勉強しなさい!」と、
おっしゃらなくなくなった、
そう、笑いながら、話してくれました。

部活が吹奏楽という、人前に立つことが、
いざという時にも慌てない自信を身につけていくんでしょうか。

教室では2時間のうち、90%は問題を一人で解いています。
10%は、考え方を質問してきます。

99%即答しますが、できない時は
「ごめん、ちょっと時間もらってもいいですか」
といって、次回まで待ってもらうこともあります。

勉強法についての質問もあります。

英単語の覚え方、
数学の点の取り方、

現代文評論、英語、長文読解の方法、
入試生物の1か月攻略法
入試日本史の2か月攻略法

その子に合った方法は、最初はわからないので、
あれこれさせてみて、最良の方法を見つけていきます。

これだ!といった方法が見つかるまでは、
いくらでも出してあげます。

そんな一つ一つの積み重ねが、
受験に対する大きな自信につながっているのだと思います。

当塾では、まず無料体験授業をオススメしています!

【入塾されるかどうかは、実際に無料体験授業を終えた後でご考慮のうえ、ご判断ください。】

わかる楽しさ実感しよう!無料体験授業お申し込みはこちら


あなたのご意見・ご質問・ご感想等お寄せください。

このページの先頭へ