長文読解と英作文に強い英語

60点を80点台に、80点を90点台に!どの子もアップさせたい

英語の目標は?
まずは学校のテストの点をあげさせたい。
その次に実力テストでも通用する力を身につけさせたい。
そして文法の応用問題が解けて、長文読解が得意になり、最終的に英作文ができるようにすること。

英語指導は?
あえて今の自分の能力より少し上の問題を解かせて、頭に負荷をかけて、とにかく多様な問題を経験して壁を越えさせます。

中学、高校の現状は?
中学の時に得意だと思っていた人でも高校になると英語が苦手になります。
中学の基礎ができていないと高校の英語が理解できない。
英語は見かけ以上に体力がいる科目なので、要領よくやらないといけない。

ほんとうの英語力をつける!
なので、以下の力をつけます。
▼単語覚えたり基本文を覚える暗記力
▼文章を日本語に訳しながら答える読解力
▼今までに習ってきた文法を区別して使い分ける回答力
▼覚えたこと実際に使って問題を解く実践力

これらができるためには、要領よくスピーディにやらないと駄目。
その要領のよさがその他の科目にも通じて、高校に入ってからも通用する勉強の方法が身につきます。
基本的にはつぎの4つの鉄則を徹底します。

▼単語の暗記をさせます
テストに出そうな単語を厳選してあります。
暗記が苦手な人はまず5つ覚えてもらいます。
すぐに覚えられるコツを教えます。
2ヵ月後には10分で20個の単語を完璧に覚えられるようになります。

▼要点の暗記をさせます
ワークの問題を解く前に、まずやらなくてはいけないことがあります。
それは「要点の暗記」です。今から自分が学習する単元にはどんな文法が出てくるのか、頭に入れておきます。

たとえば、いちど聞いたらわすれられないあのCM のフレーズのように、問題を解いている時でも「あ!これ、さっき覚えたやつだ!」とわかるようになります。
覚えた事を実際に使えるということが、テストでいい点数を取るための一番の方法です。

▼熟語の暗記をさせます
問題を解くばかりでは飽きてきます。
ちょうどそんな時に「熟語の暗記」が組み込まれます。
暗記ができたら、さっそく、さっき覚えた熟語の穴埋め問題が待っています。
覚えた事を実際に使えるようになるための練習です。

▼完璧な和訳をさせます
教科書の和訳も困ります。
そこでテストに出そうな文をピックアップし、完璧に和訳できるまで、くりかえし復習します。
「Theyは何を指すのか?」とか「質問に英語で答えなさい」という頻出問題に日頃から慣れ親しみ、みんながまちがう問題でも正解にさせます。

少しでも気になるところがあれば、メールか、お電話ください。

このページの先頭へ